読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人になってからの楽器の習い事

子供の頃にピアノを習っていました。私の世代は女の子はほとんどの子が習っていました。私はピアノを弾いてみたいとは一言も言っていないけど,いつの間にか習っていました。アップライトピアノも買って貰いました。
でも特にやりたくもないのに,ピアノの練習などあまりしません。いつもレッスンの前に雑に弾いていくだけでした。当然音楽を楽しむというものからも程遠く,中学生になって辞めました。上達もそれなりでした。それ以降音楽を聴くことはあっても自分から演奏することは長くなかったです。
ところが自分の子供がフルートを習いたいと言い出して習い始めて,数年経ったときに私もフルートを吹いてみたいと思いました。最初は子供のフルートを借りて吹いてましたが,結局自分用のフルートを購入して個人レッスンに通うようになりました。大人になってからの楽器の習得は遅いです。でも全く進歩しないわけではないです。時々良い音が出ると嬉しくなったり,気分転換になります。またレッスン以外は一人でマイペースで練習出来ることもよかったのかもしれません。
恥ずかしながら習い始めてから5年以上は過ぎますが,後から始めた若い人にもどんどん抜かされます。ちょっと悔しいけど,シニアの人も頑張っているので少しずつでも頑張ろうと思ってます。音を楽しむという意味では,子供の頃と違って楽しめているので,長く続けられたらいいなと思っています。