子供の無邪気さに癒やされる

今日は次の予定まで時間があったので、何か暇を潰せるものが無いかなと大型のショッピング施設の中をブラブラとしていました。すると比較的大きめのゲームコーナーがあり、そこにメダルゲームを発見したのでこれはよい暇つぶしになりそうだと思ったので寄ってみることにしました。
何をやろうかなと思っていると、以前友人と遊んだことがある某人気ゲームをモチーフにしたものがあったので、それをやってみることにしました。少ない投資額でもなかなかに稼ぐことができ、これならばすぐに時間が過ぎるなと思っていました。
しばらくジャラジャラと遊んでいると、近くに見知らぬ子供がいることに気が付きました。その子はそのゲームの周りをぐるぐるとみて回っているようです。見ているだけでも面白いからなぁと思っていると、突然その子に頑張れと話しかけられてしまったのです。
急だったのでびっくりしてしまいましたが、折角の声援ですのでありがとうと応えておきました。するとそこから話が広がり、しばらく一緒に楽しむことになりました。すごろくのようなゲームだったので、ゴールした後のダーツをやらせてあげると一喜一憂していたのが面白かったです。
しばらくしてお母さんが迎えに来たのでその子とはお別れしましたが、子供の無邪気さは良いものだなとほっこりしたできごとでした。